家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

元気にしとるでね。

今回は顎下のリンパが片側だけ腫れています。
それ以外にリンパの腫れはありませんが、
私がもっと早く病院に連れて行ってればと後悔しています。

治療は14日にL-アスパを打って、翌日オンコビンの予定でしたが、
当日は朝飯食べずで、かわりにあげたオヤツも出かける前に吐いたため、
大事をとって1週間後に延期。
病院から帰って以降食欲はすっかり回復したものの、散歩はほとんど近場のみ。
ただし、車でならどこでもついてきます。


          私がスーパーから出てくるのを待ってるポンタ。
e0049671_19425145.jpg


これ以上リンパが腫れてきませんように。
ひどい副作用がでませんように。
[PR]
# by ponta200041 | 2007-03-17 19:59 | ポンタの病気

・・・・・

再燃してしまいました。

毎日を大事に
悪い事は考えず
前向きになろう。
[PR]
# by ponta200041 | 2007-03-15 02:20 | ポンタの病気

朝の風景

朝飯待ちの2匹の図
e0049671_10523731.jpg


ここんとこ、ボックンの睡眠時間は冬眠中の熊並。
昼間はポンタに踏まれようが、頭の先で茶碗割ろうが目も開けない。
大丈夫か?!
[PR]
# by ponta200041 | 2007-03-10 11:01 | ポンタとボックン

あったかい日曜日

毎日眠いですけど起きてます。

ダンナに、「早く床屋に行っといでよぉ」と言っていたら、
車で行くの見越して、置いてかれないように玄関マットの上で
寝たふりしながら待ってたポンタ。
しょうがないから3人(?)で出かけた。

ダンナを床屋で降ろし、ポンタと二人で公園へ。
拾ったボールで遊んだよ~。

          
             「このボール、ちょっとデカくない?」
e0049671_1885911.jpg


               「オヤツも食べたよ~」
e0049671_189972.jpg


               「僕は庭を回ってるよ~」
e0049671_1881732.jpg

[PR]
# by ponta200041 | 2007-03-04 18:11 | ポンタとボックン

判明

以前先生から聞いたリンパ腫の新しい検査方法。

↓これのことだったんですね。

犬リンパ系腫瘍クローン性解析
というのだそうです。

今までの検査はフローサイトメトリー法によるものでしたが、
これはPCR法。

クローンて?
フローサイトメトリーて?
PCRて?ですが。

要は細胞分析ではなく遺伝子分析ってことなんでしょうか。

リンパ腫の型(T細胞かB細胞)がわかるので、
より的確な薬の選択ができるって、先生は仰ってました。
[PR]
# by ponta200041 | 2007-02-27 15:48 | ポンタの病気
「病院に行かないと書く事ないのか?」
「意外とそうかも。」
ちょっと自問自答してみた。

・・・・・・・・・・

例えば私が出かけようとすると、ポンタは必ず一緒に行こうと玄関まで走ってくる。
「ポンタはお留守番」と言うが、納得できないポンタは玄関から動かない。

するとオカアが言う。

「ポンタをなめたらイカン!
きちんと言えばわかる子なんだから!」と。


そこで、
「ポンタ、今からお仕事(ウソ)に行って来るからね。帰ったら一緒にお散歩行こうね。
それまでお留守番しててね」と言うと、
ポンタはあきらめて部屋に戻って行く。

そんなオカアだが、自分が出かけるときは、
「ポンタはお留守番!」としか言わない。


                  元気だよー
e0049671_23193267.jpg

[PR]
# by ponta200041 | 2007-02-20 23:23 | ポンタとボックン

調子さらに上向き。

昼頃、ポンタと散歩に出かけた。
久々長めの散歩でした。


          見慣れぬあやしい物体を警戒するポンタ。
e0049671_1355420.jpg


          ここ通るの久しぶりだから忙しいわ。
e0049671_13563339.jpg


          土手焼きして春の準備。当然木も焦げる。
e0049671_1414714.jpg

[PR]
# by ponta200041 | 2007-02-10 14:03 | ポンタとボックン

良かった。

ポンタ、昨日はお昼になってごはん食べた。
晩ごはんもしっかり食べた。
んでもって今朝のゴハンもちゃんと食べた。

良かった~
[PR]
# by ponta200041 | 2007-02-09 06:28 | ポンタとボックン

通院日

血液検査のみの通院。

結果表を渡される時、「今回は低かったです」と先生。
赤血球値が低めなのはいつものことながら、白血球値が激減。
基準値下限の半分。

「骨髄抑制ですね。薬が効いてるって事です。
食欲不振や下痢がなければ、上がっていくでしょう」
とのことでしたが、、、

抗がん剤打つわけじゃないから、いいかっ!?
どうなんだろう?
こんなこと初めてだし。
でも食欲あるし。
ウンチもちょっと軟らかめだけど固まってるし。
今まで白血球が高かったのは、果たしてどうなんだろう?
「高いからって薬が効いてないわけじゃない」って先生は言ってたけど、、、

・・・・・・・・・・・

ここんとこ、帰りの車じゃいつも泣いてたポンタでしたが、
速攻帰れたんで泣きませんでした。

今後は1ヶ月に1回の通院です。


          この前よりもっとちっちゃい時のポンタ。
e0049671_12503581.jpg


    一応並んで寝てるが、ここんとこ全くもって相容れない御二方。
e0049671_12532887.jpg

[PR]
# by ponta200041 | 2007-02-06 13:54 | ポンタの病気

通院日

今日でとりあえず治療終了。
昨年9月に始まった治療でしたが、目立った副作用もなくここまでこれました。
1週間後に血液検査をして、後は定期的に診察ということになりそうです。

治療中もポンタが元気でいてくれたんで、飼主はいささかノンビリしてました。
ノンビリってのは聞こえが良すぎか、結構ほったらかしにしてました。

「先のことは考えてもしょうがない」と思っていますが、
先生からは次の治療のことだけでなく、治療のやめ時っていうのも見極めなくては、
みたいな話もありました。

で、この前のセミナーで再確認した話をひとつ。

セミナータイトルの
「あなたの動物をあなたがまもる」
ためにどうするか

1.治療の目的をはっきりする。
2.動物の健康管理をする。
3.動物の食事療法をする。
4.病院スタッフに何でも話す。
5.常にいい治療をさがす。
6.毎日を大事にする。
7.いつも元気でいる。

一見簡単そうに見えますが、実際には大変です。
なんかあると冷静じゃいられなくなるし、
そのくせポンタの具合が良いと、ついついほったらかしにしちゃう。
先生に言わなくてもいいだろう、なんて勝手に判断したり、
なにより何にも考えなくなっちゃう。

ポンタの先生も、飼主に直接こんなことは言いません。
だから、同じ獣医さんの口から「きっちりここまでしろよ」と言ってもらえただけでも、
行って良かったかな、と。


アドリアマイシン血管内投与


    子供の時のポンタ。
    怒られて部屋のすみで小さくなってるところ。
    黒かった鼻がはげかけてきてる。愛想の無いのは今も変わらず。

e0049671_20523755.jpg

[PR]
# by ponta200041 | 2007-01-30 22:43 | ポンタの病気