家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

通院日

通院毎の更新すら滞り気味ですが、ポンタなんとかやってます。
ついでに私もどうにかこうにかやってますが、
さあ!ポンタの病院行くぞ!の段になると猛然と眠くなるのは何故でしょう?
病院から帰ると、ポンタと一緒にヘタばりまくる今日この頃です。

ポンタは基本的にはヘタばってますが、散歩も少しは行くようになり、
ムラはあるものの食欲も旺盛。
ときおり下痢はするけどウンチもまあまあで、嘔吐はほとんどなしでした。
とはいえリンパの腫れは徐々に増し、体表リンパはすべて腫れました。
咽頭リンパが腫れてるせいで、離れて寝ててもポンタの寝息が聞こえます。

27日の金曜日に通院でした。
体重はリバウンドも甚だしいほどの増えようでしたが、
血液検査は、CCNUで一番影響する肝臓の数値に問題はなかったものの、
かなりの貧血、白血球数が基準の3倍、血小板数も下限ギリギリと、
思った以上に悪い結果となりました。

ただ、抗がん剤投与には問題ないので、
予定としては、2度目のCCNUだったのですが、
今のポンタと、抗がん剤の副作用を天秤にかけて
抗がん剤はとりあえずやめました。
CCNUは最長6週間までなら間隔をあけられるそうで、
先生も賛成して下さいました。

「レバー等造血作用のあるものを食べさせて下さい。」と言われ、
家に帰ってから早速買いに行きました。
レバーを食べて吐くことがあったので、しばらくあげてなかったのですが、
ポンタ、もともとレバーは大好き。
パックを破いた時から、洗って茹でて冷めるまで、
台所に張り付いていてました。


内服のステロイドとお腹の薬だけ。
[PR]
by ponta200041 | 2007-04-27 18:57 | ポンタの病気

ふぅ

一日一日が長いです。
やっと週が明けました。

土曜日の明け方一度吐き、その後3時間ほど庭で伏せて寝てました。
少し顔をあげたんで、「車で散歩行こうか」と言ったら起きてきました。
車で少し離れた公園へ行きましたが、そこでも伏せてるだけでした。

散歩に来たご婦人が、
「おりこうねぇ。ちゃんと伏せして待ってるのねぇ」って声かけてくれましたが、
涙チョチョぎらせた汚い顔のおばはんに、
「、、、具合が、、、よくないんです。」って、ドロロ~ンと言われて、
「あっ、ごめんなさいねっ」と言って慌てて去って行きました。

そのうち人も増えてきたんで、
「ここにおりたいです」っていうポンタをなんとか車に乗せて家に着くと、

ポンタは言いました。

「腹減った。なんかくれ。できればジャーキー」と。

・・・・・・

そして食べました。
肉に魚に蒸した野菜。あげくは強制給餌用の流動食まで。
もちろんジャーキーも。
日曜日には久しぶりにいつものゴハンも食べました。

ありがとうございます。
明日もゴハン食べられますように。
[PR]
by ponta200041 | 2007-04-23 11:41 | ポンタの病気

通院日

昨日からポンタは食欲も元気も出てきたんだけど、
副作用が出るので、予定のL-アスパラギナーゼは中止。
副作用の少ないいくつかの抗がん剤の投与も考えましたが(先生が)、
結局、来週までステロイドだけで様子を見ることに。

先生曰く、「キビシイ状況」だそうです。
確かに、です。

でもポンタ、
「おか~ちゃ~ん、ポンタ、オシッコしたそうにしとるで、連れてってやってくれる~」
って私が言ったら、
お母ちゃんに、
「ポンタ!今から水戸黄門見ないかんで庭でしとき!」って言われてました。

おっ!あれから1時間も経っとるわ。
散歩行ってこな!


       気持ち悪くてずっと伏せて寝てたけど、今日は久々この格好。
e0049671_17283328.jpg



内服: プレトニゾロン、お腹の薬、肝臓の薬
次回は来週の金曜日
[PR]
by ponta200041 | 2007-04-20 17:27 | ポンタの病気

通院日

「リンパの方は相変わらず」、と言いたいところですが、
ステージが1個進んでしまいました。
腋下以外のリンパが腫れています。

昨日までは、食欲だけは!だったのに、今朝は何にも食べず。
朝の散歩の時も、公園でしばらく伏せってたポンタ。

CCNUが3週空けないと使えないので、その間はL-アスを打つ事に。
L‐アス打ってる間は、3錠に減っていたステロイドも5.5錠に増やすそうです。

血液検査は特に問題なし。
体重も前回と変わらずでした。


   病院で会ったさくらちゃんと。
   「なんか似てるねぇ」ってことで、写真を撮らせてもらいました。
   並ばせようとすると、ポンタ、診察室に入るよりもビビリまくってました。
   具合悪いのに、ゴメン。

e0049671_1243876.jpg


今日もお預かりナシで帰って来れたんだけど、
家に着いてからは、ホントに気持ち悪そうで、
夕方熱を測ってみると39度5分。

病院に電話したら、「元気がないようなら連れてきてください」と言われ、
夜、再び病院に。
輸液と吐き気止めの処置してもらい、薬貰って帰ってきました。
「多分明日にはよくなってると思いますよ」と先生に言われ、少し安心しました。
病院で測ったら熱はなかったそうです。

んでもって、今朝はちゃんとゴハン食べたよー。
良かったよー。


L‐アスパラギナーゼ 注射
内服薬:ウルデストン、ラニザック、サイトテック、グリチロン、プレドニゾロン、パセトシン
[PR]
by ponta200041 | 2007-04-14 01:21 | ポンタの病気

通院日

ポンタの顎下リンパは、相変わらずゴロゴロです。
あちこちのリンパも腫れてきました。

今まで、どこにあるのかさっぱり判らなかった肩のリンパの位置が
ようやくわかりました。

先生の勤務の都合で、午後1時の診察。
待ち時間なし。それだけがウレシイ。

血液検査は特に問題なし。
体重も変わらず19.3キロ。

先週、「1週間後に、ダカルバジンの効果をみて今後の治療を決めましょう。」
とのことだったのですが、結局効かなかったので、
間を空けて投与しなければならないミトキサントロンはやめて(多分)、
CCNUを自宅で経口投与することになりました。

ポンタはといえば、、、

いつもなら、
診察室に入る → 血ィ採られる → 診察台から降ろされる
→ リード付け替えられておあずかり~で、
ガックリのはずか、

診察台から降ろされる → 待合室でずーっと待機。
その間、先生来る→先生行く→また来る→また行く
のいつもと違う展開に、

「決して油断は出来ないが、もしかしたら帰れるかも」
とちょっと安心してたようで、

途中で様子を見に来てくれた、
いつもお世話になってる看護士さんの手から、
通院開始1年10ヶ月目にして初めてオヤツを食べました。

看護士さんは、
「はじめて食べてくれた~♪しかも手をなめてくれた~♪」と喜んでくれたんですが、
飼主としちゃあ、「お前は、お姫様か!」とポンタにつっこみつつも、
ホントに面目ない次第でした。



抗がん剤(CCNU)1回分
肝臓の薬、胃腸の薬、抗生剤、ステロイド(毎日)
[PR]
by ponta200041 | 2007-04-05 17:12 | ポンタの病気

1週間。

先週の通院から明日で1週間。
とても長い1週間でした。
ポンタは元気にしてますが、
相変わらず顎下のゴロゴロとした腫れはひいておらず、
さらに腫れてなかった方の顎下リンパも腫れてきています。
ここ3日くらいはウンチがいつもユルユルでした。

明日は通院です。
リンパの腫れが引きますように。
[PR]
by ponta200041 | 2007-04-04 17:47 | ポンタの病気

誕生日

今日はポンタとボックンの誕生日。
ポンタ7才。ボックン11才位。
(散歩してると、「15才くらいですか?」って言われるボックンですが。)

結局今年もグダグダで、
行ったことない公園までのドライブ(ポンタのみ)と、
今までに食べたこと無いオヤツで勘弁してちょ、でした。

    オヤツをカモにおすそ分けしたら、
    「これは粉まで全部私のなのよ!」って、こんなことしてた。

e0049671_2255710.jpg


                  またね~。
e0049671_22101049.jpg


                  とりあえず。
e0049671_22123252.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2007-04-01 21:03 | ポンタとボックン