家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

通院日

今日でとりあえず治療終了。
昨年9月に始まった治療でしたが、目立った副作用もなくここまでこれました。
1週間後に血液検査をして、後は定期的に診察ということになりそうです。

治療中もポンタが元気でいてくれたんで、飼主はいささかノンビリしてました。
ノンビリってのは聞こえが良すぎか、結構ほったらかしにしてました。

「先のことは考えてもしょうがない」と思っていますが、
先生からは次の治療のことだけでなく、治療のやめ時っていうのも見極めなくては、
みたいな話もありました。

で、この前のセミナーで再確認した話をひとつ。

セミナータイトルの
「あなたの動物をあなたがまもる」
ためにどうするか

1.治療の目的をはっきりする。
2.動物の健康管理をする。
3.動物の食事療法をする。
4.病院スタッフに何でも話す。
5.常にいい治療をさがす。
6.毎日を大事にする。
7.いつも元気でいる。

一見簡単そうに見えますが、実際には大変です。
なんかあると冷静じゃいられなくなるし、
そのくせポンタの具合が良いと、ついついほったらかしにしちゃう。
先生に言わなくてもいいだろう、なんて勝手に判断したり、
なにより何にも考えなくなっちゃう。

ポンタの先生も、飼主に直接こんなことは言いません。
だから、同じ獣医さんの口から「きっちりここまでしろよ」と言ってもらえただけでも、
行って良かったかな、と。


アドリアマイシン血管内投与


    子供の時のポンタ。
    怒られて部屋のすみで小さくなってるところ。
    黒かった鼻がはげかけてきてる。愛想の無いのは今も変わらず。

e0049671_20523755.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2007-01-30 22:43 | ポンタの病気

新横浜

ポンタの体調と自分の体調が良ければ行こうと思って申し込みしといた
ペットオーナーセミナーに行ってきました。
e0049671_1194725.jpg


犬猫の癌についてのセミナーだったんですが、
内容はさておき(悪い意味じゃなく)
印象に残った話をひとつ。

講師の先生が高校生だった時、飼い犬がリンパ腫になり大学病院で治療を
したんだそうです。
手術もしたと仰ってました。

後で親御さんに治療費がいくらかかったか聞いたところ、
「思ったほど高くなかった」と言われたそうですが、
その額なんと200万。

でも先生は仰いました。
「今から思えば、大学病院だから安かったのかなぁ」って。

治療費なんて期間や内容にもよるから一概にどうこう言えんけど、、、けどです。

とまぁ、お金の話はここまでにして、

「久しぶりに電車に乗って遠出したいなぁ」、ってのも申し込んだ理由のひとつ
だったんで、新幹線じゃ、弁当にデザートまで買い込んで、
富士山、熱海と景色を楽しみ、「小田原の蒲鉾食べてーなぁ」なんて思いつつ、
道中一人で盛り上がってました。


                    あんた誰?             
e0049671_12215665.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2007-01-28 12:32 | ポンタとボックン

通院日

ここんとこ食欲もすっかり元に戻り、毎度お皿ピカピカのポンタ。
治療も今日を含め後2回で終わり。
体重は少し減って19.1キロ。
リンパの腫れはないそう。

目と口の症状は随分良くなったものの、瞬幕は依然下瞼の裏に待機中で
アッカンベーするとすぐに上がってくるし、噛む力も100%元通りにはなっていない。
「再燃の症状が最初に目と口に表れることもあるので」と先生からは言われている。

アドリアも来週使用分で限度量がいっぱいになるので、
今度再燃したらミトキサントロンを使うのだそう。
しかも、「すごく高いんですよね~」と先生。

思わず言ったさ、「こわ~~~い」。

と、まあ、ヘコむ話題は尽きないが、
あと1回。ポンタが無事に治療を終えられますように。


オンコビン血管内投与
次回は1月30日火曜日


            犬の鼻って良くできてるといつも思う。
e0049671_13265939.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2007-01-23 22:06 | ポンタの病気

通院日

先生の出勤時間に合わせ、診察時間外の午後1時過ぎに病院へ。

先週末に下痢と嘔吐があったため、抗がん剤は延期でした。

ここんとこ肛門が痛いみたいで、触られるのをスゴく嫌がる事を先生に伝えた。
14日の日曜日に、朝から散歩も行かずゴハンも食べずずっと庭で寝ていたのも、
吐き気のせいじゃなくて、お尻触られるのが嫌な一心だったんじゃないかと。

散歩行く-ウンチする-お尻拭かれる、になるから

庭に出て

散歩行かない-ウンチしない-お尻拭かれない、にして

とっつかまる-散歩に連れて行かれる-ウンチをしてしまう-お尻拭かれる、にならないように

庭のポンタに近づくと、ひたすら逃げてました。

先生「ちょっと指入れてみますね」
飼主「すごく嫌がりますよ」
先生「部分麻酔つけるから大丈夫」

と、指にジェルつけてプスっ。

ホントに大丈夫で、ポンタ、ウンともスンとも言いません。

片側の肛門腺がポッコリ膨らんでいたそうで、そのまま中から絞ってもらい、
少し炎症をおこしていたので、薬もつけてもらいました。

会計を待つ間、リンパ腫の新しい治療法や診断法について、
先生が色々と話をしてくれましたが、
やっぱり最後は、「金持ちじゃないと!」みたいな話になり、
「今後ともよろしくお願いします」と、隣でお座りしてるポンタの頭も押さえましたが、
足踏ん張って抵抗してました。


次回の通院は1月23日(火)


14日(日)の朝、庭で寝ているポンタ。
この後、無理やり部屋に入れるが寒さで震えが止まらず、あわてて病院に電話した。

e0049671_213093.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2007-01-18 02:07 | ポンタの病気

元気になったよ

下痢も嘔吐もようやく治まり、また食べたいばっかで行きたいばっかになりました。
明日は車で出かけようね、ポンタ!
行き先は病院だけどね。


      窓際に置いてあるボックンのケージで寝るポンタ。
e0049671_13292313.jpg


暑くなったのか、ボックンが爆睡してるのをいいことに、これまたボックンの寝床で寝るポンタ。
ちなみに、ボックンは、ポンタがここで寝てるとすごい剣幕で怒ります。
e0049671_13374530.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2007-01-16 13:39 | ポンタの病気

通院日

夜中に多飲と嘔吐、下痢を繰り返し、朝一で病院へ。
投薬中のシクロフォスファミドがお腹にきたんじゃないか、と先生。

注射と点滴をしてもらい、内服薬を貰って帰ってきた。
点滴するとき、怖がって下痢と肛門腺が出ちゃったそうで、
看護士さんにお尻を洗ってもらいました。ありがとうございました。
症状が、副作用が酷かった最初の抗がん剤の時と一緒だったんで、
ポンタも怖かったんじゃないかと思う。

夕方には症状も治まって、食欲も出てきた。
けど、今日は水だけね。

シクロフォスファミドは1回中止。
次回は1月17日(水)のオンコビン。


   翌朝、少量の鶏雑炊じゃ物足りず、ジーッと台所を見ているポンタ
e0049671_11595558.jpg


          舌出して寝るのがマイブームのボックン
e0049671_122939.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2007-01-12 20:30 | ポンタの病気

通院日

明けました。

今年最初の通院。

病院ガラガラでした。

前回のアドリアマイシンの後、黒い軟便が続いたこと、食欲がなかなか元に
戻らなかったことを先生に伝え、ポンタはお預かり。

血液検査は特に問題なし。
リンパの腫れもないそう。
体重は19.5キロ(-300g)

来週飲ませるシクロフォスファミドも出してもらって帰ってきました。

オンコビン血管内投与。
次回は1月17日。

便の黒いのは心配でしたが、病院には行かず、いつものようにタイロシンを飲ませながら治まるのを待ちました。
1週間で普通のウンチに戻りましたが、腸からの出血があったのかもしれません。
食欲もあるにはあるんだけれど、味覚か嗅覚に異常があるような感じで、
野菜、鶏、魚等のあっさりしたものは食べず、味も匂いも強い羊肉や馬肉を炒めたものは食べました。
1週間程で何でも食べるようになったのですが、そんな感じは今もあります。

でもポンタは元気だよ~。


     リトルミーを頭に乗っけて得意げに座ったまま寝てるボックン。
e0049671_1226626.jpg


     リトルミーを前にして、無意味なマテをさせられてるポンタ。
     (爪切らなきゃ)
e0049671_12301114.jpg


     ポンタの待ってるリトルミー。実はボックンのとは別バージョン
e0049671_12384535.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2007-01-03 19:22 | ポンタの病気