家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

通院日

金曜日は病院がわりと空いてるので、朝一で診てもらったら1時くらいには帰れるかもと
淡い期待を胸に早々と家を出たのだが、やっぱりお預かりだった。

ポンタごめん。

リンパの腫れもなく、血液検査も赤血球値以外は良好。

下痢の方は、以前貰った消化薬と抗生剤を飲ませれば良いとのこと。
なんで、もっと早く電話で聞かなかったんだろう。

「眼の方は、リンパ腫が原因で神経に障害が起こっているのかもしれないが、
実際にはMRIを撮ってみない事にはわからない。全身麻酔でMRIを撮るよりも、
リンパ腫の治療を優先させていったほうが良いのでは。」と先生。

やっぱり今日も同じこと聞いてる。
でも、眼の上の筋肉も頬の筋肉も落ちてきてるし、咀嚼力も一時より落ちてるし、
なんとも不安で。

朝食抜きで病院に行ったポンタは、病院で出されたフードをガツガツ食べてたそう。
ほんとに病院慣れしちゃったみたいで、、、こんなことありえなかったんだけどね。
でも、きっと、先生や看護士さんに優しくしてもらってるからなんだろうなぁ。
今日は爪まで切ってもらって帰ってきたポンタでした。


オンコビン血管内投与
[PR]
by ponta200041 | 2006-09-29 20:13 | ポンタの病気

毎朝

ポンタは散歩から帰っても、すぐには家に入らず、しばらく家の前で座っています。
e0049671_14263768.jpg


ボックンは朝ごはんを食べた後2時間くらいは台所をウロウロしています。
e0049671_14265167.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2006-09-25 14:30 | ポンタとボックン

2日目

昨日は1日ゆるゆるウンチだった。
今日は固まってくれるといいんだけど。

シクロフォスファミド2日目。
今日は投薬前からオシッコダダ漏れ状態。
ちょっとしんどそう。でも、食欲はスゴイ。

朝、病院に電話して瞬膜が白く濁ってることを先生に伝えると、
心配なら来てください。でも、そんなに心配する事はないとのことでした。
ならば行きません。だって、日曜日ってもんのすごく病院が混んでるんだもん。
ごめんね、ポンタ。
でも、ポンタが行きたかったら連れてくよ。えっ?、行きたくないって?
じゃあやめとくわ。
いいのかなぁ?

金曜日までに良くなりますように。
これ以上ひどくなりませんように。
[PR]
by ponta200041 | 2006-09-24 11:34 | ポンタの病気

通院日

9・22(金)
血液検査では、赤血球値は若干低めだったものの白血球は正常値になっており、
少しホッとして帰ってきた。

シクロフォスファミド(23日~26日:4日分)
利尿剤
ステロイド
胃薬

9・23(土)
今朝から軟便。
ひと月前より体重が1キロも減っていたので、昨夜いっぱい食べさせすぎたせいかも。
ポンタ、ごめん。
朝ごはんの後、抗がん剤と利尿剤を飲ませた。
前回のようにダダ漏れみたいなことはなく、ちゃんとオシッコしに行く。

食欲はあるが身体はだるそうで、車で出かけようとしても横たわったままでついてこない。
暑くもないのに夜中も玄関のたたきで寝ている。
水もよく飲んでいる。

左目の瞬幕の出方が昨日より大きいので、アッカンベーしてみると、瞬幕の下のほうが
濁った色をしている。いつからこんなんだったんだろう。心配。
[PR]
by ponta200041 | 2006-09-24 03:10 | ポンタの病気

通院日

今日は血液検査のみ。

元気そうに見えていたけど、赤血球も白血球もそれなりに減っていました。
歯茎もそんなに白くなかったし、貧血はないと思ってたんだけど、なかなかキビシイもんです。
とはいえ、今のところ治療に支障があるような数値ではないそう。

ピーママさんに、L-アスパラギナーゼとオンコビンの併用は骨髄抑制がでやすいって
教えてもらって、「そうなのかー」と思っていたけど、今日家に帰って前回オンコビン投与前に
やった血液検査表を見ていたら、先生の字で「L-Asp、VCR、骨髄抑制」って書いてあった。

覚えてない、、、ヤバイこの脳みそ。

「好中球が800とかだったらまずいけど、これくらい(どれくらい?)あれば大丈夫。
仮に下がったとしても好中球上げる薬もあるから。」と、先生は言っていました。

触診でのリンパの腫れも無く、ポンタは元気。

金曜日からシクロフォスファミド。
どうかひどい副作用が出ませんように。


 かわいいポンタ、、、性格悪いけど。
e0049671_2025772.jpg


 ボックンの頭は平らなのでいろんなものが乗せられます。
e0049671_20254514.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2006-09-18 22:18 | ポンタの病気

通院日

昨日は、ポンタを3時に病院に預けて7時半に迎えに行った。
久々のお預かりで、車に乗るやキャンキャンと怒りながら鳴いていた。
帰り道、車の窓から思いっきり首を出して外を見ていた。

触診したところ、顎下リンパの腫れは無くなっているそう。
今のところ目立った副作用も出ておらず、ホッとしている。


 本日昼下がりの図
e0049671_1419402.jpg


e0049671_14195981.jpg



オンコビン血管内投与
[PR]
by ponta200041 | 2006-09-16 10:11 | ポンタの病気

つかの間

L-アスパラギナーゼの副作用も出ず、ステロイドを飲みだしたせいもあって、
昨日今日ととても元気に過ごす事ができた。
明日はオンコビン。
治療がうまくいきますように。
ひどい副作用が出ませんように。

 久しぶりに2階にあがって来たポンタ。テーブルの下で寝てます。
e0049671_232324100.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2006-09-14 22:59 | ポンタの病気

通院日

残念ながら再燃しました。
今日から抗がん剤治療に入りました。
ポンタ、またつらい日が続くけど、がんばって治療を乗り切ろっ。


  診察後、会計を待つ間待合室のイスの上でくつろぐポンタ。
  会計済んだら、車までダッシュでしたけど。
e0049671_2329720.jpg


L-アスパラギナーゼ 皮下注射
プレドニゾロン 内服
ミソプロストール100 内服
[PR]
by ponta200041 | 2006-09-13 23:47 | ポンタの病気

通院日

先週から、左目の異常、大量のヨダレ、咀嚼困難と、ポンタも不安だったと思うが、
金曜日に先生の指示で1度だけ飲ませたステロイドがきいたのか、
日曜から飲ませてる抗生剤がきいたのか、はたまた今の状況にポンタが慣れたのか、
最初に比べたら元気もでてきて、散歩も今まで通り行けるようになった。
また、食欲もすっかり回復した上、ご飯もこぼさずに食べれるようになった。
喉が渇けば時間はかかるが自分でも水を飲むし、シリンジでの給水も全然いやがらない。
目薬もガマンしてさしている。

あ~も~、ポンタがこんなにおりこうさんだったとは!!!

今日は、目薬だけ貰うつもりでひとりで病院に行こうとしたら、
ポンタが「わたしもご一緒します」とばかりに、玄関で伸びをして行く準備をしてるんで、
連れて行って診察してもらった。

左目の方は、瞳孔が縮んでるし、やはりホーナー症候群ではないかとのこと。
見えにくい事はあるかもしれないが、ちゃんと見えているそう。
口の異常については、三叉神経に問題があるのは間違いないだろうとのこと。
また、顔面左側に異常があるらしく、よく見ると左の頬が少し下がっており、
先の丸い小さなハサミで鼻や口をつつくと、右側は痛がるが左側は痛がらない。
ただしどちらもつつかれるのはイヤがるんだけどね。

「右側なら噛めるはず」と先生は言ってました。

家に帰って、口の右側から鶏スジの干した物を入れると、取られまいとしてしっかり噛んでいる。
水もよく見ると、左の口元からはヨダレと一緒にこぼれてるけど右側からはこぼれてない。

治療についてはいくつかの選択肢があったが、先生と相談の末、抗生剤だけで様子を見て、
症状に変化があった時点で、どうするのかを決める事にした。

咀嚼もヨダレも少し良くなってるような感じだし、このまま直ってくれるといいなぁ。


写真を撮ろうとしたら、何気に寝場所を変えるポンタ
「ちょっと、勘弁してよ!昨夜の雷で寝不足なんだから!」ってとこでしょか。
e0049671_13131440.jpg

e0049671_1313284.jpg

e0049671_1313413.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2006-09-06 21:36 | ポンタの病気