家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

目が、、、

月曜の夕方から左目をずっとつむっていて、ゴハンも食べに来ない。
すんごく心配だったけど、仕事があったので、火曜の朝一で病院へ。
担当の先生が休みで、診察は初めての先生。
暴れるわ威嚇するわで、口にわっかをはめられての診察。
蛍光塗料みたいなもんを目に噴射して傷があるかを調べたら、1ミリ位の小さな傷があった。

「痛みのせいで食欲がないんだとは思うけど、明日もゴハン食べないようなら、
担当の先生に診てもらったほうが良いかも」、とのこと。

帰ってからポンタの顔を見たら、鼻が緑の蛍光色。
あわてて拭いたけど、舐めてないだろな。
暴れたポンタが悪いけど、はずれてるのわかってるなら、拭いてくれてもいいんじゃない?
せめて、一言言ってくれても、ねぇ。

翌日の朝までにもらった目薬を2度ほどさしたが、目の方は変わらず。
散歩もちょっとしただけ。
朝ごはんはなんとか食べたが、昨日にもましてぐったり。

昼過ぎ、横になってるポンタの目をアッカンベーしてみたら、右目まで赤くなってる。
そもそも、横を通っただけでも飛び上がって起きるポンタが、アッカンベーしても全然起きないなんて。

1日くらい様子見てもいいんじゃないかと思ってたけど、あんまりにも心配で、再び病院へ。
担当の先生と眼科の先生に診てもらったところ、リンパ腫からくるものではないとのこと。
リンパ腫の場合、白濁するのだそう。
左目の方も悪化してるわけではないし、右目も異常はないとのことだった。
ただ、あまりにも痛がるようなのでと、痛み止めのシロップを出してもらって帰ってきた。

家に着いて早速シリンジでポンタの口にシロップ注入。初めてにしてはスンナリいった。
しばらくしてポンタが水を飲みにいったので、よっぽど喉が渇いてるんだと思ったけれど、
よく見たら、水が減ってないかわりにぶくぶくと唾液が浮いている。
なんと、口をゆすいでいた。

目薬は逃げ回るし、そんなことしてたらいつまでたっても直らないよ!

よっぽどおなかがすいたのか、今朝はゴハンを食べに来た。
早く直ってくれるといいんだけど。


 明るいうちは、ずっとこんな感じでグッタリ。暗くなると少し元気になる。
e0049671_1185324.jpg



 午前中はずっと台所にいるボックン。ようやくあきらめて寝たとこ。
e0049671_11135148.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2006-08-31 00:27 | ポンタの病気

通院日

リンパの腫れもなく、ひと安心。
体重は前回と変わらず。

先生「下痢や嘔吐はその後どうですか?」
飼主「それは無いが、粘膜の張った軟便は時々します。」
先生「ポンタ、手作り食ですからね。」
飼主「・・・・・・・・」

今朝も粘膜便をしました。少しだけ出血もありました。
食べすぎが原因のような気もするが、もう少し薬を飲ませたほうが良いかも。
食欲はある。
[PR]
by ponta200041 | 2006-08-25 11:29 | ポンタの病気

少し良い。

ステロイド服用の翌日には、1年数ヶ月ぶりにちょっとだけど走ったボックン。
散歩はノロノロだったけど、玄関の段差もヒョイヒョイっとひとりでで昇ったし、
これはイヤ~、あれもイヤ~だった食事も、ペロッと食べるようになった。
恐るべしステロイド。

とはいえ、ステロイドの長期服用は不安の方が大きいし、手術はしたくないし、
どうしたもんかと思いつつ、ボックンだけ連れて病院へ。

先生の話では、おそらく変形性脊椎症ではないかということ。
症状が良くなっているのなら、ステロイドの量を徐々に減らしていくこと。
痛みの原因となる箇所はやはりCTでなければわからない等の説明を受け後、
意を決して、

飼主「先生、CTお願いします。」
先生「そうですか!一番早くて月曜日ですけどどうですか?」
飼主「あ~、月曜日は仕事があるんでちょっと無理です。あ~、やっぱもう少し様子みます」
先生「そうですか。」

早々挫折した。


夜の散歩。相変わらずノロノロ。リード持たなきゃ歩きもしないボックン。
e0049671_11445.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2006-08-16 21:14 | ボックンの調子

通院日

ポンタはリンパの腫れもなく聴診も問題なし、ホッ。
体重が19.6キロ!
20キロまではいいだろうと思って食べ放題だったが、ついに限界か。
ポンタ残念!
今後も2週毎の通院。

ボックンは甲状腺検査の結果に問題はなかったが、腰の具合はレントゲンでみても
良くはなっておらず、CTじゃないとハッキリしたことはわからないとのこと。
思わず聞いた。 「先生!いくらですかっ」

4万円位だそうです。
そう、確か前回も同じことを聞いたんだった。
んでもって同じことを思ったんだ。

「そうかぁ、4万かぁ、痛いなぁ」

思えば、病院行く度萬州が消えていくなぁ~~~ぁっと。
レントゲンで凌いできた感もあるんだけど、こちらも限界か。
しょうがないわな。

手術で良くなるようであれば、その可能性もありだそうです。
とりあえずステロイドで1週間様子をみて、後の事はそれからということに。

そういえば、レントゲンの写真を見て、先生、「骨かなんか食べました?」と。
一昨日食べた馬のあばらのかけら(小指の先大)が1個しっかり写ってました。

帰ってからボックンがウンチをしたので、袋の上からうにゅっと押してみたら、
ちゃんと出てました。

診察が終わったのが夜の7時半。
会計を待つ間、腹ペコのポンタは隣の人のバッグの匂いを一生懸命嗅いで
「ごめんね。何にも入ってないのよ」って言われてました。


 鶏肉入りの玄米おじやを食べた後のボックン
e0049671_10105831.jpg


 お気に入りのおもちゃと無理やり一緒に寝かされるポンタ
e0049671_10163945.jpg


 お気に入りでもないポンタのおもちゃを持たせ掛けられるボックン
e0049671_10184316.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2006-08-10 23:15 | ポンタの病気

ダラリンコ

毎日暑いです。
1階のLDのみエアコンをかけているので、日中は人も犬もそこに集合です。
けれど何するわけでもなく、だいたい犬2匹プラス誰かが寝ています。

暑い→エアコンかける→足がだるくなる→動きたくない→寝る
こういう感じでしょうか。
ダラダラです。

頭もボーっとしています。
ポンタの通院が先週だったのか、先々週だったのか解らなくなってしまいました。


 私が、別の部屋にいたので、1時間ぶりに会ったポンタ。
 喜んで、イスに掛けてあったエプロンをくわえて行きました。
 元気にしとります。
e0049671_12544826.jpg


 ボックンは水を飲みに起きてきました。薬のせいか水をよく飲みます。
 ツブツブはイヤ。鶏肉はイヤ。魚はイヤ。
 基本的に昨日と同じ物はイヤ、って人間のオヤジみたいです。
 腰はへたりぎみですが、去年よりは元気かな。
e0049671_134941.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2006-08-06 12:44 | ポンタとボックン