家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

通院日

月に一度の検査。

触診でのリンパの腫れはないそう。
体重も変わらず。
リンパの腫れをキチンと把握するため、顎下、腋下、膝裏のリンパ節の大きさを測った。
どれも、1.2cm。
どうなんだろう。

診察台の上でポンタはガタガタしてましたが、家でミックスを飼ってる看護士さんが、
「ポンタ~、かわいいねぇ」と頭をなでに来てくれました。

そんな事言われた事無い。
思わず「かわいいですかぁ?」と言っちゃいましたが、

そうです、ポンタはかわいいんです。
近所の人には嫌われてるけど、ホントはすごくかわいいんです。
私とお母ちゃんは、いつも言っています。
「ポンタのかわいさは家族にしかわからない!」って。
「わかってくれる人がいたんだねぇ、ポンタ。でも、ウルサイとも思われてるんだからね。」

弱いものには強いポンタ。
強いものには弱いポンタ。
ボックンの落としたおやつを、口の中に隠して隣の部屋で食べてるポンタ。
食べるのが遅いボックンのヨーグルトを長い舌で横取りしているポンタ。
横取りだけじゃ足りなくて、最近じゃあボックンのから食べ始めようとするポンタ。

、、、、、、、、、、、


がんとものめぐさんが、病院に来られたそうです。
「これ、渡してって言われたから」と先生。
プレトニゾロンかぁ。
ゴム手が入ってるからこっちは抗がん剤だなぁ。
そう、ももちゃんに処方された薬です。
「う~~~ん、そうですか~」と私。
なんとなく複雑な胸の内を伝えると、
「でも、僕の所で止めちゃうと、後で何言われるかわからないから」

女の人に怒られてる先生の姿を想像してしまいました。

めぐさん、ありがとう。
ももちゃんの形見だと思って大事にとっておくからね!
ももちゃん、ポンタのこと見守っててね。

うん、多分めぐさんは決してそういうつもりじゃなかったとは思うんだけど、
そういうことにさせて下さい。

でも、気を使ってくれてホントにありがとう。


ダンナが持って上がったお菓子の袋の音を聞きつけて、
久しぶりに2階に上がってきたポンタ。
残念ですが、あげません。

e0049671_19323743.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2006-02-27 23:58 | ポンタの病気

寝てます。

2匹とも夜の散歩から帰った後、何にも貰えないとわかって、とっとと寝ました。

去年の冬は2階のベッドで寝ていたポンタですが、
この冬は、1階の和室の特製ベッド(たたんだ布団)で寝ています。
なんだか、牢名主みたいです。
e0049671_22481297.jpg

ボックンの口は構造上完全には閉じません。
そのため喉が渇くのか、夜中でも時々水を飲みに起きてきます。
e0049671_2250946.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2006-02-26 23:03 | ポンタとボックン

逆でもよさそうなのに

散歩する時、放浪が長かったボックンは、舗装された道を好んで歩き、
ウンチもアスファルトの上でする。
生後1ヶ月で家の中に入ったポンタは、草むらや土の上を好んで歩き、
ウンチも絶対草むらでする。

逆でもよさそうなのに、と思う。
[PR]
by ponta200041 | 2006-02-18 22:25 | ポンタとボックン

ボックンやーい

ボックンがあまりにも寝てばかりいるので、薬をやめてみたら、昼間起きてきた。
最初にかかっただけだし、やっぱ、1度診察してもらって薬の量も相談した方が良いかも。

で、寝てばかりいるボックンを置いて、夜の散歩に出かけたポンタだったが、
帰ってみると、おコタに座ってお父ちゃんが何か食べている。
あわてて近寄り、食べ物を持った父ちゃんの手のニオイをかいだ後、
すかざず、横で寝ているボックンの口のニオイを嗅いでいた。

「私がいない間に、ボックンだけ何か貰うなんて許せないのよッ!仮にタクアンであっても」

ということですよねぇ、ポンタ。


公園の砂場で遊ぶ子供は見かけなくなったが、
公園の砂場で遊ぶ犬ならここにいる。
e0049671_2571475.jpg

掘りたい放題だぁ~
e0049671_257293.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2006-02-18 03:06 | ポンタとボックン

今日の散歩

先日散歩の途中で耳に虫が入ったらしく、突然、立ち耳がビュルンビュルン鳴るほど
頭を振り出した。
翌日になっても治まらず、「このままじゃ、変なんなっちゃう~」と思って病院へ。
「ポンちゃん、耳の奥にまで毛が生えてるね~」なんて言われながら診てもらったが、
結局、鼓膜までに虫はおらず。
一応、耳の洗浄をしてもらって、「2、3日様子見て、治らないようならまた連れてきて」と
言われたが、翌日には治まった。
その時ついでに、お尻の事も話したら、また、肛門を絞ってくれた。
そんなに絞ってよいものかとも思ったが、少し色のついた汁が出た。
でも、それ以来、ポンタはすっかりお尻をさわられるのを嫌がるようになってしまった。

焦って病院に連れて行ったことを、かなり後悔した。

農家の人が春の準備を始めていて、田んぼや畑に人の姿を見ることが多くなった。
田んぼで走れんくなっちゃったねー、ポンタ。


ひたすら歩く。
e0049671_20395634.jpg

名前を呼んでみた。
e0049671_20433135.jpg

たまには前から。
e0049671_204829.jpg

ひたすら名前を呼んでみた。
e0049671_2050159.jpg

その頃ボックンは、
e0049671_20521828.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2006-02-13 20:55 | ポンタとボックン

お尻

散歩から帰って、お尻を拭いたら痛がった。
キャンと言って玄関まで逃げていったから、大分痛かったよう。
12月にも同じことがあり、通院時に先生に言ったら、「肛門腺をしぼりましょう」と言われ、
処置してもらったが、きれいだったそう。(そんなことしたの初めてだった)
その後も、お尻を拭かれる時はちょっと逃げ腰だったけど、痛がることはなかった。
うーーーーむ。
[PR]
by ponta200041 | 2006-02-04 01:57 | ポンタの病気