家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

足が良くない

お母ちゃんと行った夕方の散歩の途中で歩けなくなったそう。
なんとか家まで連れてきたけど、自分の布団で寝たまま。
ご飯になってようやくヨロヨロと起きてきた。
明日、病院行ってきます。
[PR]
by ponta200041 | 2005-11-30 20:38 | ボックンの調子

12週目

今日から4日連続で飲む抗がん剤。

朝、利尿剤と一緒に飲ませた。
1時間程して、ポンタがベッド(人間の昼寝用)から降りてきたので、オシッコに連れて行った。
何度かオシッコをして、公園で日向ぼっこをしてから家に帰ったのだが、
ポンタが中に入らない。
「なんか、やばい」と思って、あわてて布団を見に行くと、案の定世界地図。

あまりのダダ漏れぶりに、先生に言って利尿剤を減らしてからは、目立ったオネショも
無かったので油断した。

「でも、下の毛布まで染みてなくてヨカッター」って、、、、、

e0049671_14414113.jpg

  その後、
  自分の布団で寝るポンタ
[PR]
by ponta200041 | 2005-11-28 14:45 | ポンタの病気

どうなんだろう

ごはんの時以外、ボックンのテンションが上がることはありません。

散歩の時ですら、こんな感じで。e0049671_2573343.jpg
[PR]
by ponta200041 | 2005-11-26 03:04 | ボックンの調子

通院日

11週目

オンコビンの注射
来週飲ませるシクロホスファミドと利尿剤4日分

血液検査は、若干の貧血と白血球が高い以外異常なし。
触診でのリンパの腫れも無く寛解状態だそうです。
軟便については、抗がん剤の影響以外の原因ではないかとのこと。

多分、先生は私が変なものばかり食べさせるからだと思っている。

私「どうも油はだめみたいです」
D「無理に取らなくても良いですよ。魚の目玉はどうですか。EPAやDHAが豊富だし、
  身は飼い主さんが食べて。」
私「・・・・・・・」(マグロの頭を想像している)

やろうと思えばできないことはないが、相当無理のある提案のような気がする。

来週飲ませてくださいとシクロホスファミド4日分をもらったが、
「通常であれば再来週のはずだが」と思いつつもそのまま帰る。

家に帰って調べてみると、やはり再来週。
どうしても気になるので先生に電話する。

結果、
ポンタのリンパ腫が治療の途中で再燃している事を考慮して、
本来25週まであるプロトコルを変更して、
12週目 シクロホスファミド
13週目 オンコビン
14週目 アドリアマイシン
と、間隔をあけず治療し、その時点で寛解していれば、一旦治療を打ち切るそうです。

そうかあ。
あと、3週かあ。

毎週、先生が診てくれる事が、私にとってどれほど大きな安心だったか。
いきなり不安になってきた。

が、やはりコミュニケーションが足りない。というかインフォームドコンセント?

スイマセン、疑り深くて。

ポンタはといえば、今日は注射だったので、1時間だけのお預かりにもかかわらず、
迎えに行ったら、ピーピーピーピー泣いている。

でも、今朝の散歩で2時間近くも人を引きずりまわしたバカ元気さを思うと、同情する気にも
なれず、「ハイハイ」と言って車に乗せて帰ってきた。
[PR]
by ponta200041 | 2005-11-20 19:43 | ポンタの病気

元気だよ

いきなりだが、
ずっとニョロニョロだったウンチが、柔らかいながらも、昨日からようやく太くなって出てきた。
ウンチはフニャフニャだが、ポンタは元気にしている。
[PR]
by ponta200041 | 2005-11-19 00:40 | ポンタの病気

お腹の具合が

朝は、良いウンチ。
昼に、粘膜入りの軟便。
その直後、ジェル状。

少し気持ちが悪いのか、食欲もイマイチ。 
寝てる時間も長い。
帰ってきても吠えない。

魚が続くのがダメなんだろうか。
何がいけないんだろう。
どうしたらいいんだろう。

でも、いっぱい散歩はする。
[PR]
by ponta200041 | 2005-11-15 00:56 | ポンタの病気

なぜか病院

ボックンの薬をもらいに、ポンタと私とお母ちゃんの3人(?)で病院へ。

ボックンも一旦は車に乗せたものの、「車じゃ行かないー」とばかりに、
とっとと降りて家の中に入って行ったので、そのまま留守番。

病院到着後、ポンタとお母ちゃんは、付近を散歩。
一人で待合い室で待っていると、なぜかポンタがやって来た。
が、見るからに逃げ腰で、気も動転しているのか、5人しかいない待合室の中で、
なかなか私を見つけられず、「ポンタ」と呼んでようやく気づいた。
2度ほどジタバタと私に飛びついた後、すかさず出口へと走って行った。
外に出たあとも、逃げるように車まで必死に走っていく。

条件反射か!

病院前の遊歩道を散歩し、途中のベンチで、私達は家から持ってきたコーヒーを飲み、
ポンタは茹でたレバーとチーズで一服した後、家に帰った。
[PR]
by ponta200041 | 2005-11-14 15:28 | ポンタとボックン

通院無しの日曜日

通院も投薬も無しの10週目。
ポンタにとっては、ハッピーサンデーのはずが、朝からお祭りの花火の音で、
散歩にも行けず、テーブルの下でガタガタ震えていた。
先週は診察台の上でガタガタ、今週はテーブルの下でガタガタ、
来週は診察台の上でガタガタ、再来週は・・・・・

夕方、花火の音がおさまった頃散歩に行き、久しぶりに良いめのウンチをし、
人気の無いグランドで思いっきり走ってきました。
[PR]
by ponta200041 | 2005-11-13 14:28 | ポンタとボックン

通院日

9週目

アドリアマイシン点滴
副作用止めの抗生剤と胃腸薬(4日分)

月曜だったので私ひとりでポンタを連れて病院へ。
「こいつ一人ならなんとかなるかも」と思ったのか、病院に入るのに激しく抵抗。
「ポンタよ、甘く見ちゃいけないよ。家族で一番体重の多いのは私なんだから!」
しょうがないから、抱っこして中へ。
診察台の上でも、ガタガタ震え、尻尾を丸め、目はうつろで、久しぶりによだれも
ダラダラだった。

触診でのリンパの腫れはないものの、
血液検査では、先週ようやく正常値になった白血球の数値が再び上がっており、
赤血球の数値も先週より悪くなっていた。
この1週間、2日ほど下痢もあったし、たまに吐きそうにしていることもあった。
近場で散歩を済ます事も多かったし、ゴハンが出るのも寝て待っていた。
なにより、家族が帰ってきても吠えなかった。
でも、元気がないわけじゃないし、食欲もあった。

犬は抗がん剤の副作用が出にくいとはいえ、ないわけじゃない。
多分つらい1週間だったんだと思う。
毛の量も以前より少なくなったポンタに、古いセーターでもリフォームしようと思っては
いるんだけど、なかなかできずにそのまま着せてます。
[PR]
by ponta200041 | 2005-11-07 00:53 | ポンタの病気

お腹の具合が

通院後、月曜日は排便無しだったものの(オンコビンの副作用で便秘することがある)、
火曜と水曜の夜中に2日連続で下痢。 
本人は食欲もあり、いたって元気なのだが。
食餌に気をつけるだけでは直りそうもないので病院に電話。

仕事帰りに、ポンタのウンチ持って病院へ。

細菌などはおらず、おそらく抗がん剤のせいではないかとのこと。
抗生剤と胃腸薬を処方してもらう。
食欲があるならゴハンは普通に食べさてても良いそう。
[PR]
by ponta200041 | 2005-11-02 01:07 | ポンタの病気