家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

通院日

8週目

オンコビン点滴

元気で食欲もあるが、ずっと軟便で、昨晩は下痢をした事を伝える。
すると先生、「また、何か食べさせましたか?」と。

・・・・・・・・・・・

病院はいつもより空いており、診察時間にもゆとりがあったので、気になっていたことを
聞いてみた。

Q1: 現在の治療を無事終了したとして、いつかは再燃する。
    その時、アドリアマイシンを使った同じ治療ができるのかどうか。

A1: 「アドリアマイシンは使用量に上限があり、それを超えると心臓に障害が起きるので、
    全く同じ治療というのはできない。別の薬を使っていきます。」

Q2: それならば、今回の治療のなかで、アドリアマイシンの投与量(回数)を減らして、
    再燃時にとっておくということはできないだろうか。

A2: 「ここでガツンと叩いておいた方が良いと思います。ただ、今の治療が終わっても
    あと、3回くらいは使えます。」

そうなのかぁ。

アドリアマイシン投与以降、軟便を除けばポンタの調子はホントに良いので、
先のことだけど、気になっていたので聞いてみた。

でも、久しぶりに先生の「ガツン」を聞いてなんだか少しホッとした。

診察台の上で、恐怖のあまり尻尾を丸め、小刻みに震え、目の泳いでいるポンタを
下に降ろし、先生に預けて、夕方お迎え。

・・・・・・・・・・・

血液検査の結果は、貧血以外はすべて正常値。
貧血も大幅に改善されており、正常値まであと1歩のところ。
うれしぃー!

でも、来週はアドリアマイシンなので、なんとか下痢だけは直したい。
[PR]
by ponta200041 | 2005-10-30 11:35 | ポンタの病気

7週目

7週目

23日~26日: 4日連続で抗がん剤の経口投与。
軟便は相変わらずで、2度ほど下痢もしたが、食欲も落ちることなく無事終了。

このところ散歩の距離も延び元気な様子。
ステロイドがなくなったせいか、昼も夜もぐっすり寝てるし。
[PR]
by ponta200041 | 2005-10-29 00:27 | ポンタの病気

ようやく

軟便続くも、水曜日からようやく復活。
具合が悪くなった5月中旬以来、本当に久しぶりに公園の砂場の中をグルグルと走り周り、
ガシガシと砂を掘った。
[PR]
by ponta200041 | 2005-10-20 20:12 | ポンタの病気

通院日翌日

少しつらそうだったが、ごはんは食べた。
黄土色(山吹色に近い)の軟便(ドロドロ状)をした。
[PR]
by ponta200041 | 2005-10-17 20:04 | ポンタの病気

通院日

6週目

オンコビン点滴
ステロイドの投薬は無くなる。


この1週間、ポンタの調子がすごく良かった事を先生に報告。
すると先生、「それは良かったですねェ」につづき、「実は、ここんとこ、寛解して治療を
終えた子がバタバタと再燃しまして・・・」 と。

????????

!!!!!!!!

ポンタは、相変わらず若干の貧血。
白血球の数値も高いが、問題はないとのこと。
リンパの腫れも小さく柔らかくなっているそう。

今の状態からすれば、血液検査の必要も無いそうなので、来週の通院は無し。
家で飲ませるシクロフォスファミド4日分をもらって帰ってきました。
[PR]
by ponta200041 | 2005-10-16 18:58 | ポンタの病気

2匹並んで

同じ格好で寝ていたので、ボックンの座布団をポンタのにくっつけて撮りました。
そんなことしてもボックンは起きません。
e0049671_11433222.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2005-10-09 11:48 | ポンタとボックン

元気だよ

アドリアマイシン投与から1週間。
木曜日(4日間)くらいまでは少ししんどそうだったけれど、食欲も落ちず、副作用の下痢も
無く過ごせた。
[PR]
by ponta200041 | 2005-10-08 16:34 | ポンタの病気

通院日

4週目

アドリアマイシン点滴
毎日の薬: プレトニゾロン1錠とタイロシン経口用A(抗生剤)5日分
1日入院

病院に着いて、水を飲んだ後吐きました。朝ごはん全部。
多分、家を出る前食べたおやつのレバーのあげすぎ。
全くすぎが多すぎ。少しは学習しろ飼い主!
その分体重が減っていました。(18.9キロ)

先生からは「不安なら明日にしますか」と言われたが、ポンタにはそれも負担なので、
「今日で」と。

夜の7時頃、電話でポンタの様子を聞く。
「点滴は終わりましたが、いつもと変わりありませんよ、ワンワン吠えて」と先生。

ワンワンワンワン

少し安心して電話を切った。

翌朝迎えに行く。

「3日後位から、副作用で下痢する事があるので、予防のためにもタイロシンは今日の
夕方から飲ませてください」とのこと。
ステロイドは徐々に切っていくので、前回より少ない、1日1錠を2週間分。
6月からずっと飲んでいるので、うまく切れるか不安。
次の通院は2週間後。

ポンタはと言えば、看護婦さんを引っ張って病院から出た後は、車まで一目散。
家についてからすぐに散歩に行き、公園2箇所でしこたま水を飲み、レンガ色の軟便をし、
家に帰って吐きました。病院では何も食べなかったようで胃液しか出ませんでした。

その後は夕方まで何も食べずにぐったり。
でも、晩ご飯は普通に食べたのでひと安心。

なんだかとても疲れて、ポンタ以上にぐったりしてどうする飼い主!
と言われても、で、ドカンと寝ました。

それにしても、塩化ドキソルビシン(アドリアマイシン)って、すんごい名前だこと。
[PR]
by ponta200041 | 2005-10-03 18:00 | ポンタの病気