家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2005年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

変な名前

e0049671_13513478.jpg夏の夜、閉店後のショッピングセンターの駐車場で拾ったボックン。

暗がりの中で、「柴だ!」と思って、思わず「おいで」と言っちゃった。
きれいそうだし、人なつっこいし、飼い主もすぐに見つかるだろうと思った。

ショッピングセンター付近を一緒に歩くと、灯りの付いているところには、どこへでも入って
いこうとした(スナック、コンビニ、民家等)。
途中で交番を見つけたので、茶色い柴犬を拾った事を伝えると、おまわりさんから
動物愛護センターにも連絡しておくよう言われた。
既に夜の10時をまわっており、とりあえず家に連れて帰った。

朝になって見てみると、柴の雑種のようだった。
きれいだと思ったが、被毛は触るとチクチクするほど硬く、量も少ない上、所々湿疹で
ずるむけになっていた。
首輪もひどく痛んでおり、放浪の長さを物語るようだった。
飼い主は見つからないような気がした。

いろんな名前で呼んでみたが、どれも反応がなく、雄だったのでとりあえず
「ボックン」と呼ぶことにした。

動物愛護センターにもインターネットの迷子犬の掲示板にも、該当する犬は載ってなかった。

拾った時は、とても人なつっこそうに見えたボックンだったが、体を触られるのをすごく嫌がり、見知らぬところに連れてこられたショックのためか、はじめは食餌もほとんど食べなかった。
庭に繋いでおいたボックンは、夜は必ず土を掘って寝ていた。

5日ほどたった頃、見かねた母が、意を決して風呂に入れたのだが、暴れるわ汚いわで、
「拾ってきたくせに」と散々文句を言われた。
きれいになったところで、病院に行った。
血液検査の結果、感染症等はなく、湿疹の薬をもらって帰ってきた。
その日から家に入れることにした。

最初に家に入ったボックンは、あちこち匂いをかいでまわり、掃除機にオシッコをひっかけた。
「ダメ!」と言ったら、その後家の中でオシッコすることはなかった。

ポンタも、最初の1日2日はいぶかしがって吠える事もあったが、なにせボックンが
ウンともスンとも言わない犬なので、ひどい拒否反応はなかった。

ただ、夜、エアコンを切ると、すごい勢いで湿疹を掻きだすのだが、湿疹を掻く足がいちいち
床に当たるため、トントントンという音が一晩中響いた。 
また、ズルムケ箇所を掻く度に「ギャイーン」と叫んだ。
仕方なくエアコンは24時間フル稼働となった。

一旦、家に入ったボックンは、今度はなかなか家から出ようとせず、散歩の度に抵抗した。

でも、秋も深まる頃には、新しい生活にも慣れ、湿疹も大分良くなり、剥けた皮膚にも
少しずつ毛が生え始めた。
ただし、私たち家族の事は、相変わらず、「餌をくださる見ず知らずのお方」としか
思っていないようで、食べ物をもらう時以外尻尾を振る事はなかった。

やがて春になり、ズルムケが跡形も無く消えた頃、最初にかかったきりだった病院から
狂犬病の予防接種のお知らせが届いた。

宛名を見ると、「伊藤ボックンちゃん」になっていた。

いくらなんでも、クン(君)にチャン付けはないだろうと笑っていたが、
病院でもしっかり「ボックンちゃん」と呼ばれていた。

ちゃんとした名前を付ければよかったと後悔しても遅かった。
[PR]
by ponta200041 | 2005-08-27 17:41 | ポンタとボックン

冷え性?

ポンタは、夏の昼間は大体玄関のタイルの上で寝ている。
が、冷え性なのか、時々起きてきては、灼熱のウッドデッキでお腹を温め、
再び玄関へと戻っていく。
冬は絶対布団の中だし。
[PR]
by ponta200041 | 2005-08-27 17:12 | ポンタとボックン
先週末くらいから、鼻詰まりが収まったボックン。
抗ヒスタミン剤の投薬がなくなったため、「どうにもこうにも眠いのです」状態から脱し、
起きていたい時には起きていられるようになった。

短かった散歩も、夜なら1時間のこともあり、心臓の具合も少しは良くなっているのかと思う。
ただし、速度は相変わらず亀並のため、ボックン担当の旦那は泣いている。
[PR]
by ponta200041 | 2005-08-24 21:50 | ボックンの調子

通院日

2週おきになってはじめての病院、のはずだったけれど、リンパの腫れが心配で、
16日(火)にも行っているので中4日。

日曜になると、「今日は、絶対病院の日だ。逃げよっ」と思うのか、朝ごはんの後は
必ず2階に上がって行く。(平日の朝、2階に上がることは皆無)
いつもなら、嫌がるポンタを無理やり下に降ろして、リードを引っぱって車に乗せるのに、
今日はずっと下にいる。
しかも、「行くよ」と言ってリードを付けたら、尻尾を振ってあわててついて来た。
おまけに、「早く乗せて」と吠えている。

「中4日だもんなぁ。絶対、勘違いしてるよなぁ」

いつもなら、立ったまま、後部シートの背にもたれかかって不安げなポンタが、
いきなり窓から顔出して楽しげ。

「あーあ」

5キロ位行ったところで、シートの背にもたれかかって不安げ。(病院まで25キロくらい)

「やっと、気づいたか」

むろん、病院に着いたところで、スンナリ入ってくれるはずもなく、
車から降りるや、ウンチするふりして、病院からどんどん遠ざかって行く。
駐車場までは戻るものの、そこからはテコでも動かない。

今日は、旦那と一緒に来たので、私だけ先に病院へ行き、診察券を出して、再び玄関口へ。
ポンタは駐車場の端でおすわりして、じっとこっちを見ていたが、
そのうちあきらめたようにトボトボとやって来た。

旦那曰く、「車のカギを持ってないから乗れないよ」と言って、手のひらを見せたら
歩き出したのだそう。

・・・・・・・

ポンタの状態は、触診でのリンパの具合は、前回と変わらないものの、
細胞診では、中リンパの割合が少し増えているとのことで、すごく心配。

血液検査の値は、前回とあまり変わりはなく、白血球の値が高く、赤血球の値が低い。
もともと低かったコレステロール値が正常範囲の下限ギリギリになっており、先生からは、
「少し油分をとってもいいかもしれませんね」と言われたが、どうしたものか。

体重は、400グラム位減っていたが、ポンタがもともと太っているため、
「ポンチャンの場合はね」で話は終わった。

夕方6時に迎えに行くと、「早くここから出せー」とポンタがずーっと吠えていた。
[PR]
by ponta200041 | 2005-08-21 14:05 | ポンタの病気

エス君の思い出

ボックンに吠えまくっていたゴールデンのエス君は、腸捻転で去年急に亡くなった。

エス君は、今まで犬を飼った事が無く、犬との接点が全く無い生活をしていた私が、
はじめて名前を呼んで頭をなでた犬だった。
それほど、人なつっこかった。
犬を飼ってみたくなったのも、エス君がいたからだった。

エス君はお父さんの前では、とてもおりこうだったけど、なにしろ、無類の人好き。
庭で放し飼いだったので、家族が留守の間は、ずっと門の前にいて、誰か来るのを
待っていたし、時には自ら出かけていった。

自転車で家の前を通って行った子供たちと遊びたくて、塀を乗り越え、
逃げていく子供の後を、楽しそうについて行ったこともあった。
建替え中で、人の出入りの多い近所の家の入り口で、満足げにお座りしていた事もあった。
ポンタが子供の頃は、ポンタに会いに何度か家にも来た。

それでも、不思議な事にエス君は一度も行方不明にはならなかった。
決して遠くには行かなかったし、近所の誰かが必ず家まで連れてきた。

ただ、お父さんにしてみたら、エス君の好きにさせとくわけにもいかず、
次第にエス君の家の周りはいろんなもので囲われていった。
脱走を試みたものの、塀の上に取り付けられた付属物の間で身動きがとれなくなった
エス君を、庭に降ろした事もあった。

そして、お父さんの作った包囲網が完璧になった頃には、エス君の顔も白くなってきていた。

エス君はいつも門の前にいて、子供にもおじいちゃんにも、犬を飼ってる人にも
そうでない人にも、 近所のみんなに、「エス!」と呼んでもらった犬だった。
[PR]
by ponta200041 | 2005-08-21 07:08 | ポンタとボックン

ボックン、大丈夫?

3年前に家に来たときから、ぜんぜん元気ハツラツではなかったボックン。

今年の夏は、いつにもまして調子が悪く、歩く速度はいきなり亀並だし
(今までは、ウンチするまで快調、その後亀並)、寝てばかりいるし、
寝起きに後ろ足に力が入らないようで、コテンとひっくり返ったこともあった。

足の関節について、獣医さんからは「大丈夫ですよ」と言われていたし、
快食快便だし、と気になりつつも病院には行かずにいた。 
でも、実はポンタの毎週の通院で私のパート代が全部飛んでっちゃう状況で、
その上ボックンまでと思うと恐ろしくて病院に行く事ができなかったのだ。
「ゴメン、ボックン。」

8月に入り、ポンタの通院が2週毎になって気持ちに(財布に)ほんの少し余裕ができた
矢先、ボックンに鼻詰まりの症状が出て、ようやく病院に連れて行った。
「ホント、ゴメン。」

鼻詰まりについては、おそらくアレルギーでしょうとの事で、抗ヒスタミン剤が出た。

動作が緩慢なのは、心臓が原因かもしれないからと、超音波検査をした。
結果、「心臓の動きがゆっくりです。また、少しではあるが、心臓の弁の閉まりが悪く
なっていて、血液が逆流しているようです。動作が緩慢なのも、そのため体がしんどいから
でしょう」と、心臓の薬が出た。

足の関節については、「右後ろ足の筋肉量が少ないので、悪いのは右ですね。
ただ、原因については、おそらくレントゲンを撮ってもわからないでしょう。
心臓の事もありますので、少し痩せましょう」と、言われた。

だよなー。
[PR]
by ponta200041 | 2005-08-20 15:43 | ボックンの調子

今日の行く先

ポンタには、自宅から半径数百メートル以内に、何箇所かウンチをすると決めている
場所がある。

便意満々の散歩の時は、家を出て最初の角を曲がる頃には行く先を決め、
私の少し前を、「ちゃんとついてきてよ」と言わんばかりに、時折後ろを振り返りながら、
スタスタと歩いていく。 

いつも、なんとなくついて行っていたのだけれど、ある時、「ポンタより前を歩いてやれ」
と思って、早足でポンタを追い越した。

するとポンタが、立ち止まった。

「あれー」

と思って振り返ると、少し恨めしそうな顔をして、方向転換しようとしている。

「えー!」

仕方なく、バックしてポンタの後ろにつくと、再び最初の目的地に向かって歩き出した。

「にくたらしー!」
[PR]
by ponta200041 | 2005-08-20 14:58 | ポンタとボックン

ドッグランでは遊べない

犬を飼いだしてから、旅行はいつも犬連れになった。

はじめて、ドッグラン付きの宿に泊まったとき、たまには他の犬と一緒に遊ばせたいと、
まっ先にドッグランに向かった。
ところが、ポンタは犬軍団に恐れをなし、頑なに入場を拒否。 
ためらうことなく入って行ったボックンも、ひたすらおしっこをかけながらフェンス際を
1周した後、他の犬には目もくれず、ベンチに座っている他の犬の飼い主の
前で、「何かください」とお座りしているだけだった。

仕方なく、翌朝まだ誰もいないドッグランにポンタを連れて行き、少し遊んだ頃、
やはり、他の犬とは遊べないと思われるワンコを連れた若い夫婦がやってきたので、
ポンタを連れて、そっとドッグランを後にした。
[PR]
by ponta200041 | 2005-08-19 20:45 | ポンタとボックン

ボックンの逆襲

ボックンは、食べ物以外にあまり興味を示さない。

ボールもくわえないし、タオルをかんでひっぱたりもしない。
口に入れるのは、食べ物だけと決めてるようだ。
だから、口をこじ開けて、薬をねじ込むなんて事は絶対にできない。

自分がボックンという自覚もあまりないようで、自分が呼ばれてる事になかなか気づかない。
何度か呼んでると、「あれっ、ぼくのこと?」って感じで、首が少し動く。 動かないときもある。

そんなボックンが家に来てしばらくたってからのことだった。

向かいの家のエス君(ゴールデン)は、ボックンがその家の前を通るたびにすごく吠えた。
エス君は明らかにボックンに対して怒っていた。
でも、いつも、ボックンはエス君のことは気にもかけずに通り過ぎた。

ある日の事、散歩の途中で、お父さんと散歩中のエス君に出くわした。

その途端、ボックンは四肢をガッと広げ、体を低く構え、エス君に牙を剥いたのである。
「来るならこいっ!」てなもんである。 
ボックンにしてみたら、「檻の中(門扉)からピーピー言ってる奴に用はねえ、男ならオモテヘ出ろぃ」てなもんだったのである。

とはいえ、相手は体重30キロはあるゴールデン。
どう見ても、体重10キロ足らずのボックンに勝ち目は無い。
でも、ボックンは真っ向から勝負を挑んだのである。

すごいぞボックン!

ポンタなら絶対そんなことはしない。
ポンタは、犬にも人にも吠えるが、それは、自分が絶対安全な時だけ。
だから、門の中にいるエス君には吠えるが、外で会ってもまず吠えない。
相手が自分より小さい時は、飼い主がしっかりリードを持っていれば吠えるが、オフリードだと
絶対吠えない。

分別のある隣のおじさんには吠えるが、会うたびに変な事言ってポンタを怖がらせる、
ランちゃんのママには吠えない。
以前、散歩の途中で会った子供に、「おばさん、紐貸して」と言われ、貸したはいいが、
「シロ、来い」と言ってぐいぐい引っ張られた恐ろしい経験があるから、子供にもめったに
吠えない。

なんだか ・・・

で、当のエス君はというと、お父さんの前では、 ”世界で一番おりこうなゴールデン” であるがゆえ、ボックンのことを全く相手にしなかったのである。

でも、それ以来、エス君がボックンに吠えることは少なくなった。

その後ボックンは、「あんたが、ノロノロといつまでも散歩に行ってるから、また夕飯がおそくなったじゃないのよ!」と吠えまくるポンタ相手に、堪忍袋の尾が切れたように、たまぁに戦闘体勢をとっているが、「なによっ!ふんっ!」て感じで、やっぱり相手にされないのである。
[PR]
by ponta200041 | 2005-08-17 14:41 | ポンタとボックン

8月7日以降

8月7日以降、毎週だった通院が2週毎になった。
ポンタはやれやれだが、私は不安でしょうがない。
こっちのリンパも、あっちのリンパも腫れてる! ような気がする。

と、思っていたら、8月14日の朝、ポンタが吐いた。
昨日食べたキノコが未消化のまま出てきた。
今まで無かった事だった。

とりあえず病院に電話した。

「吐いたのは、おそらく12日に飲ませた抗がん剤の副作用でしょう。
15日の抗がん剤はやめにして、17日までは、胃薬だけ飲ませてください。
病院はあの子のストレスになるので、しばらくそれで様子を見てください。」

・・・・・

その日の夕方には食欲も戻り、次の日も大丈夫だったので、15日の夜、そのことを伝えるため病院に電話。

「よかったですね。明日から薬は元に戻してください。抗がん剤は1回飛ばしたままで
良いです。リンパの腫れが気になるようであれば、連れてきてください。
私は休みですが、他の先生が診てくれますから。
実際に腫れているようであれば、抗がん剤を注射で入れます。」

・・・・・

次の日の朝、ポンタの腋のあたりに今までに無かったプクッとしたもがあり、
すぐに病院に行った。
気になっていた膝裏のリンパのことも伝えた。
診てくれた先生が、担当の先生に電話で連絡をとり、多分大丈夫でしょうということだった。

膝裏のリンパは、細胞診のために何度も針を刺して硬くなってしまったもの。
腋のふくらみは、リンパの位置と違うので、リンパ腫の腫れではない。 とのこと。

・・・・・

日曜にも来なくちゃいけないのに、ポンタに余計なストレスをかけただけだったのかも。
[PR]
by ponta200041 | 2005-08-17 11:23 | ポンタの病気