家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2006年 08月 10日 ( 1 )

通院日

ポンタはリンパの腫れもなく聴診も問題なし、ホッ。
体重が19.6キロ!
20キロまではいいだろうと思って食べ放題だったが、ついに限界か。
ポンタ残念!
今後も2週毎の通院。

ボックンは甲状腺検査の結果に問題はなかったが、腰の具合はレントゲンでみても
良くはなっておらず、CTじゃないとハッキリしたことはわからないとのこと。
思わず聞いた。 「先生!いくらですかっ」

4万円位だそうです。
そう、確か前回も同じことを聞いたんだった。
んでもって同じことを思ったんだ。

「そうかぁ、4万かぁ、痛いなぁ」

思えば、病院行く度萬州が消えていくなぁ~~~ぁっと。
レントゲンで凌いできた感もあるんだけど、こちらも限界か。
しょうがないわな。

手術で良くなるようであれば、その可能性もありだそうです。
とりあえずステロイドで1週間様子をみて、後の事はそれからということに。

そういえば、レントゲンの写真を見て、先生、「骨かなんか食べました?」と。
一昨日食べた馬のあばらのかけら(小指の先大)が1個しっかり写ってました。

帰ってからボックンがウンチをしたので、袋の上からうにゅっと押してみたら、
ちゃんと出てました。

診察が終わったのが夜の7時半。
会計を待つ間、腹ペコのポンタは隣の人のバッグの匂いを一生懸命嗅いで
「ごめんね。何にも入ってないのよ」って言われてました。


 鶏肉入りの玄米おじやを食べた後のボックン
e0049671_10105831.jpg


 お気に入りのおもちゃと無理やり一緒に寝かされるポンタ
e0049671_10163945.jpg


 お気に入りでもないポンタのおもちゃを持たせ掛けられるボックン
e0049671_10184316.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2006-08-10 23:15 | ポンタの病気