家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2006年 05月 29日 ( 1 )

しばらく晴れのようだし、冬の毛布を洗いに朝からコインランドリーに行った。
ひとまず家に帰り、ポンタとボックン用の砂肝を開いてオーブンに入れてる間に
毛布を取りに再びコインランドリーに。
帰ると2匹ともお母ちゃんから、さっそく砂肝をもらっていた。
6枚の毛布をせっせと干して家に入ると、お母ちゃんが「ギャアギャア」言っていた。
見ると、カーペットの上にウンチがあった。
そして、悲しいかなお母ちゃんはそれをスリッパで踏んづけたあげく、
隣に敷いてある別のカーペットの上に立っていた。

カーペットの掃除をしながら、ふとコインランドリーの窓に大きく書いてあった
カーペットの文字を思い出した。
ももりさんも、「コインランドリーで洗ったら~」って言ってたし!

よし!行こ!

ウンチをきれいに落として(ウソじゃない!)、三度コインランドリーに。
他のが空いてなかったので、一番でっかい35キロ洗いの洗濯機2台に
カーペットを1枚ずつ入れ、しばらく眺めていた。
アワアワの水の中でワッサワッサと揺れるカーペットを見ながら、
思わず「気持ちいい~」と言っていた。
乾燥待ちのマダムも、「へェ、こんなものも洗えるの~」と言いながら見ていた。

洗いあがりは、チョッと波々になってるけど、使ってるうちに元に戻るでしょ。
なにより、気持ちまでスッキリしたもんね~。

干しました。
e0049671_1591824.jpg
e0049671_1594698.jpg


寝てましたので、私も置いてみました。
e0049671_1541835.jpg
e0049671_1543813.jpg

[PR]
by ponta200041 | 2006-05-29 15:13 | ポンタとボックン