家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2005年 08月 16日 ( 2 )

6月17日
 L-アスパラギナーゼ 注射
 毎日の薬   : プレトニゾロン(ステロイド)と塩酸ラニチジン(胃薬)他消化器の薬数種。

 先生からは「1年を目標にがんばりましょう」と言われたような気がする。
 血液検査は、白血球と肝臓の数値が高く、赤血球の数値がやや低い。
 特に目立った副作用はなかった。

6月26日
 L-アスパラギナーゼ 注射
 毎日の薬   : プレトニゾロン(ステロイド)と塩酸ラニチジン(胃薬)

 血液検査は、肝臓の数値は随分良くなった。白血球・赤血球とも前回と変わらず。
 特に目立った副作用はなかった。

7月3日
 硫酸ビンクリスチン(オンコビン) 点滴
 毎日の薬   : プレトニゾロン(ステロイド)と塩酸ラニチジン(胃薬)
 飲む抗がん剤: シクロホセファミドとフロセミド錠(利尿剤) 7月5日と8日に投与

 治療が点滴になったため、朝、病院に連れて行って、夜迎えに行く。
 病院から帰ったその日は食欲もあり元気なのだが、翌日は昼過ぎまで、何も食べず、
 ぐったりしている。
 血液検査は、肝臓の数値は正常範囲になるも、白血球・赤血球とも変わらず。
 家で、抗がん剤を飲ませた後は、次の日くらいまで呼吸も早くしんどそう。
 また、利尿剤も一緒に飲むので、ポンタの行く先々が・・・。でも、食欲はある。

7月10日
 硫酸ビンクリスチン(オンコビン) 点滴
 毎日の薬   : プレトニゾロン(ステロイド)と塩酸ラニチジン(胃薬)
 飲む抗がん剤: シクロホセファミドとフロセミド錠(利尿剤) 7月12日と15日に投与

 血液検査は、腎臓、白血球、血小板の数値が高く、赤血球が低い。

7月17日
 硫酸ビンクリスチン(オンコビン) 点滴
 毎日の薬   : プレトニゾロン(ステロイド)と塩酸ラニチジン(胃薬)
 飲む抗がん剤: シクロホセファミドとフロセミド錠(利尿剤) 7月19日と22日に投与

 血液検査は、血小板、白血球の数値が高く、赤血球が低い。

7月24日
 硫酸ビンクリスチン(オンコビン) 点滴
 毎日の薬   : プレトニゾロン(ステロイド)と塩酸ラニチジン(胃薬)
 飲む抗がん剤: シクロホセファミドとフロセミド錠(利尿剤) 7月26日と29日に投与

 血液検査は、白血球の数値が少し高く、赤血球が低い。

7月31日
 硫酸ビンクリスチン(オンコビン) 点滴
 毎日の薬   : プレトニゾロン(ステロイド)と塩酸ラニチジン(胃薬)
 飲む抗がん剤: シクロホセファミドとフロセミド錠(利尿剤) 8月2日と5日に投与

 血液検査の数値があきらかにおかしい。 どうも、他の犬のと入れ替わったよう。

8月7日
 硫酸ビンクリスチン(オンコビン) 点滴
 毎日の薬   : プレトニゾロン(ステロイド)と塩酸ラニチジン(胃薬)
 飲む抗がん剤: シクロホセファミドとフロセミド錠(利尿剤) 8月9日と12日に投与

 血液検査の数値は、白血球の数値はようやく正常範囲。但し、今まで検査結果になかった
 顆粒球量、好中球量、好酸球量の数値は少し高い。 依然、貧血。

 今後の通院は2週毎になるので、その間に変わったことがあれば連絡するように言われる。
 
 リンパ腫とわかってから、飲ませていなかったフィラリアの薬。 先生に聞いたらキチンと
 飲ませてくださいと言われたので、8月8日に飲ませた。
[PR]
by ponta200041 | 2005-08-16 18:12 | ポンタの病気

イヌ語

ポンタはよく吠える近所迷惑な犬である。

隣人に吠え、隣人の犬に吠える。
家の前に車が止まると吠え、インターホンが鳴ると吠え、玄関を入ってくると吠える。
家族が帰ってきても吠える。

前に、エアコンの取り付けにきたおじさんに、帰るまで吠え続け、吐いた事があった。
おじさんは、「ほんとにいい子だねぇ」とポンタに言って帰って行った。

庭を横切る猫に吠え、庭の木にとまったハトに吠える。

「その手にもっているおやつを早くよこせ」と飼い主に吠える。
夕飯前の散歩から帰ってきたボックンに、「遅いじゃないの」と吠える。
ボックンは、吠えてるポンタの横をそそくさと通り過ぎ、台所でお座りをして、
晩ご飯が出てくるのを待っている。

ボックンは全く吠えない。ボックンの声を聞かない日なんてざらにある。
昨日も聞いた記憶が無い。
たまに声は出すが、ワンとは言わない。

で、話はイヌ語である。

どれも同じように聞こえるポンタの”ワン”だが、ボックンには、すべて違う ”わん” のようだ。

人が来ると、家中のどこにいてもポンタは吠え出す。
するとボックンがのそのそと誰かの前にやってきて、「誰か来ましたよ。僕もお知らせに
来ましたよ」とでも言うように、顔を見上げながら ”アウー アウー”と鳴きだすのだ。

また、ボックンが爆睡中にポンタにだけおやつをやろうとする時などは、早くよこせとポンタが
吠えれば、ポンタが尻尾踏んでも起きなかったボックンが、のそのそと起きてきて、
少し離れたところから、「それはないでしょう」とでもいうように、じっとこちらを見ているのである。

誰からも、「おっとなしい子だねぇ」といって、頭を撫でられるボックンなのだけれど、
この夏、アレルギー性の鼻炎にかかり、エアコンが切れる夜中になると、ひどい鼻詰まり
のため、ブヒーブヒーと鼻を鳴らして、家族にとってはポンタよりうるさい存在になっている。
[PR]
by ponta200041 | 2005-08-16 00:39 | ポンタとボックン