家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー

通院日

1周目

L-アスパラギナーゼ 皮下注射
オンコビン 点滴
毎日の投薬はプレトニゾロンのみ。

プロトコールはVELCAPではなく、なんとかというものになった。
(先生が紙に書いてくれた字がよく読めなかった。)
体への負担が少ないので、そのほうが良いのではないかということだった。
ポンタの場合、COPでは、思うような結果(最善の結果)は得られなかったようで、
2ヶ月半のうちに、一旦ひいたリンパの腫れがまた大きくなりつつあった。
先生が、大きな手術で時間が無く、詳しい治療方針については、来週。

今日の治療が新しいプロトコールの1周目。

例によって、朝食後2階にあがっていたポンタだが、しょうがないとは思っているようで、
「病院行くよ」と言っても素直に車に乗っていたし、道中も以前より楽しんでいるよう。

病院に入るにも診察室に入るにも、いちいち抵抗はするが、診察室で待ってる様子は
どの子よりも病院慣れしたワンコで、前みたいに、ガタガタ震えて、よだれダラダラで、
しっぽ丸めて、スキあらば玄関に向かって逃げていくような事は全く無い。
ペターっと床に突っ伏して、番が来るのをじーっと待っている。
他の子がそばに来ると、「かなわんなぁ」って感じで、のそのそと起き上がって
少し離れた場所に移動し、また同じ格好で待っている。

ただし帰るときは、「ポンタを連れてきます」と言った先生を、ポンタが必死で連れてくるような
格好で飼い主の所までやって来る。そして、飼い主に尻尾も振らずに、玄関まで一目散。
今度は飼い主を駐車場まで必死で連れて行き、あせりまくって自分の車を探すのである。

かなわん。
少しは落ち着いて欲しい。
[PR]
by ponta200041 | 2005-09-11 15:01 | ポンタの病気