家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

通院日

血液検査の結果は前回とほぼ同じ。
触診で前回より大きくなっていると言われた喉のリンパも、細胞診の結果は前回と同じ。
寛解といってよいが、中リンパ球が多く、病変する可能性が無いとはいえない状態。
リンパの大きさについては、針を刺した感触が、リンパの周りに脂肪がついているような感じ
だったそう。
体重は19.2キロで前回より350g増。
先生には、一目見るなり、「また、太りましたか」と言われた。
食餌に魚油のカプセルを加え、おやつに減塩チーズなどあげたせいか、前回、下限ギリ
だったコレステロール値もしっかり上がっていた。

ポンタの体調がとても良いので、プロトコールを今のCOPにL-アスパラギナーゼと
アドレアマイシンを加えたVELCAPに変更していくとのこと。
強い副作用が出ない事を祈るばかり。
今日は、オンコビンの点滴ではなく、L-アスパラギナーゼの皮下注射だった。
毎日の投薬は、胃薬がなくなりプレトニゾロンだけとなった。

やはり、朝食後2階へあがって行ったポンタだったが、「行くよ」と急かしたら、
自分で降りて来た。
ここんとこ、2階からひとりでは降りられず、いつも抱っこで降ろしていたので、すごく
うれしかった。
[PR]
by ponta200041 | 2005-09-04 01:39 | ポンタの病気