家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

通院日

ポンタの顎下リンパは、相変わらずゴロゴロです。
あちこちのリンパも腫れてきました。

今まで、どこにあるのかさっぱり判らなかった肩のリンパの位置が
ようやくわかりました。

先生の勤務の都合で、午後1時の診察。
待ち時間なし。それだけがウレシイ。

血液検査は特に問題なし。
体重も変わらず19.3キロ。

先週、「1週間後に、ダカルバジンの効果をみて今後の治療を決めましょう。」
とのことだったのですが、結局効かなかったので、
間を空けて投与しなければならないミトキサントロンはやめて(多分)、
CCNUを自宅で経口投与することになりました。

ポンタはといえば、、、

いつもなら、
診察室に入る → 血ィ採られる → 診察台から降ろされる
→ リード付け替えられておあずかり~で、
ガックリのはずか、

診察台から降ろされる → 待合室でずーっと待機。
その間、先生来る→先生行く→また来る→また行く
のいつもと違う展開に、

「決して油断は出来ないが、もしかしたら帰れるかも」
とちょっと安心してたようで、

途中で様子を見に来てくれた、
いつもお世話になってる看護士さんの手から、
通院開始1年10ヶ月目にして初めてオヤツを食べました。

看護士さんは、
「はじめて食べてくれた~♪しかも手をなめてくれた~♪」と喜んでくれたんですが、
飼主としちゃあ、「お前は、お姫様か!」とポンタにつっこみつつも、
ホントに面目ない次第でした。



抗がん剤(CCNU)1回分
肝臓の薬、胃腸の薬、抗生剤、ステロイド(毎日)
[PR]
by ponta200041 | 2007-04-05 17:12 | ポンタの病気