家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2度目の抗がん剤治療開始~現在

6月17日
 L-アスパラギナーゼ 注射
 毎日の薬   : プレトニゾロン(ステロイド)と塩酸ラニチジン(胃薬)他消化器の薬数種。

 先生からは「1年を目標にがんばりましょう」と言われたような気がする。
 血液検査は、白血球と肝臓の数値が高く、赤血球の数値がやや低い。
 特に目立った副作用はなかった。

6月26日
 L-アスパラギナーゼ 注射
 毎日の薬   : プレトニゾロン(ステロイド)と塩酸ラニチジン(胃薬)

 血液検査は、肝臓の数値は随分良くなった。白血球・赤血球とも前回と変わらず。
 特に目立った副作用はなかった。

7月3日
 硫酸ビンクリスチン(オンコビン) 点滴
 毎日の薬   : プレトニゾロン(ステロイド)と塩酸ラニチジン(胃薬)
 飲む抗がん剤: シクロホセファミドとフロセミド錠(利尿剤) 7月5日と8日に投与

 治療が点滴になったため、朝、病院に連れて行って、夜迎えに行く。
 病院から帰ったその日は食欲もあり元気なのだが、翌日は昼過ぎまで、何も食べず、
 ぐったりしている。
 血液検査は、肝臓の数値は正常範囲になるも、白血球・赤血球とも変わらず。
 家で、抗がん剤を飲ませた後は、次の日くらいまで呼吸も早くしんどそう。
 また、利尿剤も一緒に飲むので、ポンタの行く先々が・・・。でも、食欲はある。

7月10日
 硫酸ビンクリスチン(オンコビン) 点滴
 毎日の薬   : プレトニゾロン(ステロイド)と塩酸ラニチジン(胃薬)
 飲む抗がん剤: シクロホセファミドとフロセミド錠(利尿剤) 7月12日と15日に投与

 血液検査は、腎臓、白血球、血小板の数値が高く、赤血球が低い。

7月17日
 硫酸ビンクリスチン(オンコビン) 点滴
 毎日の薬   : プレトニゾロン(ステロイド)と塩酸ラニチジン(胃薬)
 飲む抗がん剤: シクロホセファミドとフロセミド錠(利尿剤) 7月19日と22日に投与

 血液検査は、血小板、白血球の数値が高く、赤血球が低い。

7月24日
 硫酸ビンクリスチン(オンコビン) 点滴
 毎日の薬   : プレトニゾロン(ステロイド)と塩酸ラニチジン(胃薬)
 飲む抗がん剤: シクロホセファミドとフロセミド錠(利尿剤) 7月26日と29日に投与

 血液検査は、白血球の数値が少し高く、赤血球が低い。

7月31日
 硫酸ビンクリスチン(オンコビン) 点滴
 毎日の薬   : プレトニゾロン(ステロイド)と塩酸ラニチジン(胃薬)
 飲む抗がん剤: シクロホセファミドとフロセミド錠(利尿剤) 8月2日と5日に投与

 血液検査の数値があきらかにおかしい。 どうも、他の犬のと入れ替わったよう。

8月7日
 硫酸ビンクリスチン(オンコビン) 点滴
 毎日の薬   : プレトニゾロン(ステロイド)と塩酸ラニチジン(胃薬)
 飲む抗がん剤: シクロホセファミドとフロセミド錠(利尿剤) 8月9日と12日に投与

 血液検査の数値は、白血球の数値はようやく正常範囲。但し、今まで検査結果になかった
 顆粒球量、好中球量、好酸球量の数値は少し高い。 依然、貧血。

 今後の通院は2週毎になるので、その間に変わったことがあれば連絡するように言われる。
 
 リンパ腫とわかってから、飲ませていなかったフィラリアの薬。 先生に聞いたらキチンと
 飲ませてくださいと言われたので、8月8日に飲ませた。
[PR]
by ponta200041 | 2005-08-16 18:12 | ポンタの病気