家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

通院日

今日は病院空いてた。こんな日もあるんだな。

この1週間、シクロフォスファミドの副作用もなくとても元気だったこと。
金曜日には、近くのグランドで一人爆走を思いっきり楽しんだこと。
昨日の夜から少し軟便気味なことを先生に伝えた。

頚部リンパは、縮小はしているが触った感じに違和感があるようで、
一度細胞診してみますかと聞かれたので、お願いした。

夜迎えに行き、先生からの説明。

大中小のリンパ球の割合から見れば寛解状態ではあるが、
存在する大リンパが核を持った明らかな異型リンパだそう。
今後、この病変したリンパが急速に増えていことも十分に考えられると。

、、、、、、、、、、、、、

目のほうは相変わらずだけど、翌朝少し元気がなかったくらいで、
今日もポンタは元気にしてます。


オンコビン血管内投与


  ポンタに気づかれないようにと、台所でチーズトーストを立ち食いする母ちゃんと、
  スライスチーズの袋をめくる音を聞きつけて、一番奥の部屋から飛んできて、
  母ちゃんに張り付いているポンタ。

e0049671_121339100.jpg

  
[PR]
by ponta200041 | 2006-11-06 10:12 | ポンタの病気