家にいる2匹の雑種犬、       ポンタとボックンのお話。


by ponta200041
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

誕生日

4月1日は、ポンタとボックンの誕生日。
ポンタ6歳。
ボックン10歳位、かな。

夕方のポンタの散歩を早めに済ませ、誕生祝の牛肉を買いに行ってる間に、
お母ちゃんがいつも通りの晩ご飯を2匹にあげていた。
え~~だった、が、まっいいかで、翌日の朝のごはんに肉焼いてあげたら、
ポンタもボックンも大喜びだった。
が、夕方のウンチが、ポンタやわらかめで、ボックンはピー。
その後、普通とピーになったので、性懲りも無くポンタに再び肉あげて、やわらかめとピー、
やばいと思ったが後の祭りで、ピピピのピーで、シャシャシャのシャー。

安い牛肉がいけなかったのか。
それとも、安い牛肉がいけなかったのか。

ボックン、下痢なんかしたことなかったのに、、、

水曜の朝、病院に連れて行って、「その牛肉は絶対に食べさせないで下さい!」と
先生に言われた。「もう全部食べさせてしまいました」とは言えなかった。
便に細菌などはなく、下痢止めと消化薬をもらって帰ってきた。

スイマセンでした。
[PR]
by ponta200041 | 2006-04-04 10:15 | ポンタとボックン